家族葬・お墓に関する基礎知識

葬儀・お墓に関する基礎的な知識を紹介 葬儀・お墓に関する基礎的な知識を紹介

はじめて喪主を務める方に読んでいただきたい「葬儀」と「お墓」に関するマナーや基礎知識コンテンツをまとめたページです。
よくある疑問や費用、法的な知識等も分かりやすく解説しています。
気になるコンテンツページがございましたら是非ご高覧ください。

喪主・施主となる人

喪主を務める男性

喪主・施主になる方は一体誰なのでしょうか。“最も近い血縁者?”“遺言は優先される?”といった優先順位をはじめ、“年齢の問題や事情はどのくらい考慮されるのか?”といったケースについてまずは知っておきましょう。
法律上の決まりが無いため具体的に“誰が行わなければならない”といったルールはありませんが、喪主になる可能性のある方はマナーや費用について予習しておいても決して損はありません。

抑えておきたいマナー

葬儀で焼香を行う様子

喪主を務める方は、葬儀前~葬儀後に掛けて様々な「マナー知識」が必要になります。参列礼状や弔電への礼状、香典返しや供花への礼状等の例文をご紹介しておりますので、是非ご参考ください。
また、“いくらくらいのものを返すべき?”“何を送れば良いの?”といった疑問が多い「香典返し」に関する一般的な知識についても併せて解説しております。

お墓の準備

お墓についての資料を読み準備をする女性

アイデンティティ、宗教上の理由等から“先祖代々続くお墓には入らない”という方が増えています。
遺言で埋葬方法を指定された、別のお墓を希望しているケース等、新規でお墓のご用意を検討されている方必見の「よくあるトラブル」について解説します。都内の永代利用権・墓石代・工事費・搬送の費用相場についてもまとめましたので、併せてご確認ください。

お墓に関する基礎知識

お墓参りをしている様子

「引っ越し(改葬)」「使用権の売却」「寺院とのトラブル」等についてまとめたページです。単身世帯の増加や改宗等で増えつつある「改葬」ですが、どのような手続を経る必要があるのでしょうか。“墓じまい”“搬送”の費用相場や檀家になっていた場合に掛かるお金(離檀料)等と併せて解説いたします。また、お墓の法的な権利について検証した上で“永代使用権を売却することが出来るか”についても分かりやすくご紹介しています。

「永代供養」とは

永代供養のお墓

“永代使用権”が墓地の使用権であるのに対し、“永代供養”は寺院内で遺骨を預かってもらう権利になります。法要が不要であるため手間が掛からず、永代使用権に比べて費用が抑えられるというメリットがあります。なお、永代供養にも「仏壇型」「ロッカー型」「樹木葬」「位牌型」といった様々な種類がある上に費用も大きく異なりますので、違いについて予め確認しておきましょう。詳細についてはリンク先の記事をご確認ください。

家族葬の香典返しのマナー

御香典と仏花の画像

一般的な葬儀と家族葬では、香典についても若干のマナーの違いが見られます。
両社ともに香典返しは行うのが原則ですが、特定のケースであれば行わなくともマナー違反でないと考えられています。

「(香典返しを行う場合)どのくらいの金額のものを選ぶべきか」「マナー違反にならないケース」「当日返しと後日返しの違い」等については予め押さえておきましょう。

誰もがなる可能性

喪主・施主は多くの労力・費用・知識等を必要とする“務め”です。
「自分は次男だから大丈夫!」
「母が行うから知らなくてもよい」
「未成年だからやる必要はない」
とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、直近の近親者が体調を崩してしまった、遺言で指定された等で喪主となることは十分に考えられます。
また、親族である以上、葬儀時の係や対応といった役、お墓の準備・管理、法要等を執り行うことは遺族としての最後の責務です。
しっかりと基礎知識を身に付け、葬儀・納骨に臨む事を強くお奨め致します。