相続や遺品の整理について

遺品を整理する様子 遺品を整理する様子

人が亡くなるのは大変悲しいことです。
しかし、遺された家族は、数多くの相続手続や所有物の整理等を行わねばなりません。
当ページでは「相続」「遺品整理」「各種手続」に関するコンテンツをまとめておりますので、気になる記事がございましたら是非ご参考ください。

知っておきたい「遺言」

故人が遺した遺言書

遺言とは、生前に自身の財産分与方法や死後に行われる催事の希望(葬儀や法要等)をしたためておくことです。テレビや新聞・雑誌といったメディアで多く取り上げられる「遺言」ですが、正確な流れや方式等を理解している方は少ないのではないでしょうか。
基礎的な法律知識から見つけた時の対処法までを分かりやすく解説しておりますので、是非一度ご確認ください。

相続と葬儀の関係性

相続についての基礎知識を紹介

相続は、生前故人が有していた財産を引き継ぐという法律上の概念です。
保険金や預貯金、不動産といったプラスの財産だけでなく、借金や果たす義務といったマイナスの財産をも引き継ぐため、最低限の法律知識は身に付けておくべきでしょう。
また、相続人の範囲や相続税を算定する上で知っておきたい豆知識等をご紹介しておりますので、喪主を務める方に一読いただきたい内容となっています。

銀行口座が凍結した場合の対処

故人の銀行口座が凍結してしまったら

銀行口座は、名義人が死亡すると凍結されてしまい、預金が引き出せなくなってしまいます。
口座・会員権・クレジットカードはその人だけに付与された固有の財産であるため、原則として「名義」をそのまま引き継ぐことができないためです。
特定の相続人が使い込んでしまうといったトラブルがあるため、銀行は遺産分割協議書や相続人の印鑑証明書といった厳格な書類を求めます。
しばらく預金が引き出せなくなってしまいますので、葬儀費用や埋葬費用が手元にない場合には注意が必要です。

遺品整理を行う際の注意点

遺品を整理している様子

故人が有していた物を処分・整頓することを「遺品整理」といいます。
単身世帯だった場合には、生前住んでいたアパートやマンションを早めに所有者に明け渡さなければなりませんので、決して無視できない作業です。
時間的制約がある中、どのように遺品整理を行うべきなのか?
遺品整理を行う時期や手順をはじめ、片付け業者を利用する際の注意点等について解説したいと思います。

葬儀以外にも多くの手続

生前所有していた財産の処分や整理等、たいへん多くの手続が必要になります。
「葬儀の手配だけでも手一杯なのに…」と思う方も多いでしょう。
しかしながら、事前にしっかりとリサーチや準備をしておくことで、ご遺族の負担は確実に軽減できると考えます。やらなければならないことを把握し、あらかじめ順番を整理・計画しておくことが大切です。